ピルを飲み忘れたときの対処法

ピルは、正しく服用することで、ほぼ確実に避妊効果が得られる薬です。しかし、毎日服用しないと効果が得られません。飲み忘れには注意が必要です。

1錠飲み忘れてしまった場合、経過した時間によって対処法が異なります。飲むべき時間から12時間以内に気づいた場合、忘れたピルをすぐに服用しましょう。次の日も普段通りに服用すれば、効果が持続します。

飲み忘れてから24時間以内に気づいた場合、飲み忘れたピルを服用してから、他の避妊法を併用することが大切です。翌日からは、残りのピルを予定通り飲んでいきましょう。

ピルの避妊効果を得るためには、7日間連続して服用する必要があります。飲み始めた1周目に飲み忘れてしまうと、避妊効果が得られない恐れがあります。

7日以内に飲み忘れてしまった場合、12時間以内に気づいたとしても、他の避妊法と併用するか、性交渉を避ける必要があります。飲み忘れから24時間以上経った場合、一度服用を中止して、次の生理が来てから新しいシートを飲み始めます。

いざというときは緊急避妊用のピルを使う

ピルの避妊効果を得るためには、飲み忘れないように注意が必要です。飲み忘れた場合、避妊効果が下がってしまうため、他の避妊法も行いましょう。

他の方法を併用せずに性交渉を行ってしまった場合、緊急避妊用のピルが必要になります。飲み忘れに気づいてから12時間以内の場合と24時間以内の場合、24時間以上で、それぞれ妊娠の確率が変わります。妊娠を確実に避けたいなら、すぐに病院を受診しましょう。

性交渉を行ってから72時間以上経った場合、緊急避妊用のピルを飲んでも間に合わないので、くれぐれも飲み忘れには注意しましょう。

一般的に、飲み忘れても12時間以内に服用すれば、効果は持続するといわれています。

ピルを飲み忘れてから時間が経ってしまったら、他の避妊法を併用するか、病院に相談してみましょう。