21錠タイプの飲み方

ピルには、21錠タイプと28錠タイプのものがあるということをご存知でしょうか?どちらのタイプを選んでも、避妊効果や副効用などに違いはありません。ただし、飲み方が異なる点に注意が必要です。

ピルは、薬が入っているシートに、矢印で飲む順番が示されてあるものがほとんどです。21錠タイプのピルの飲み方は、錠剤を、順番に1日1錠ずつ、同じ時間に飲んでいきます。21日分を飲みきったら、7日間の休薬期間を設けます。

休薬期間とは文字どおり、薬を飲まない期間のことです。7日経ったら、同じ種類のピルをシートの初めから1日1錠ずつ、順番通りに飲んでいきます。

21錠タイプを選ぶと、7日間は薬を飲まなくていいので、手間がかからないというメリットがあります。ただし、7日経ってから次のシートの薬を飲み始めることを、自分で覚えておく必要があります。飲み忘れると、避妊効果がなくなってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

28錠タイプのピルの飲み方

28錠タイプのピルは、21錠タイプとは飲み方が異なります。28錠タイプのピルは、シートに付いている薬を、初めの部分から毎日1錠ずつ決まった時間に飲んでいきます。錠剤をすべて飲み終わったら、次の日から新しいシートの薬を飲み始めます。

21錠タイプとは違って薬を飲まない期間がありません。薬を飲まない期間を設けず、薬を飲む週間を続けることになるため、飲み忘れるリスクが下がるのがメリットです。

28錠タイプの最後の7錠は、偽薬と呼ばれる薬です。偽薬とはプラシーボとも呼ばれ、有効成分が含まれていません。主な成分はブドウ糖で、飲んでも人体に影響はありません。

21錠タイプを選んだ人が7日間休みをとる代わりに、28錠タイプを選んだ人は、有効成分が入っていない錠剤を7日間飲むことになります。ピルの飲み忘れが心配な人は、28錠タイプを選ぶのがおすすめです。