避妊にはピルが最適

ピルを飲めば避妊可能

女性の社会進出が加速している現代において、望まない妊娠をしてしまうことは、非常に大きな問題です。場合によっては、その人の人生設計を大きく狂わしかねません。妊娠・出産は、女性の心身に大きな負担をかけるため、避妊はしっかりと行わなければなりません。

近年、日本国内でも、身体の負担が抑えられた低用量ピルが使われるようになっています。ピルは、毎日決まった時間に飲むだけで、高い確率で避妊できる医薬品です。

生理周期を安定させたり、生理痛を緩和させたりする効果もあり、女性の日常生活の質の向上に大いに役立ちます。生理の乱れや、重い生理痛で悩んでいる人も、積極的にピルを利用してみてはいかがでしょうか。

避妊のためのピルの飲み方

日本で流通しているピルは、1シートに錠剤が21日分入ったものと、28日分入ったものがあります。1日1錠、毎日決まった時間に飲み、3週間服用をしたら休薬期間を1週間もうける、というサイクルを繰り返していきます。

21シートの場合は、錠剤を全部飲みきってから1週間以内に生理が来ます。薬を飲みきってから7日間経ったら、8日目からまた新しいシートを飲み始めます。

28シートの場合、錠剤を飲みきったら、次の日から新しいシートを使い始めます。28シートの、22日目以降の錠剤は「ブラセポ」と呼ばれる錠剤で、有効成分は入っていません。自分で休薬期間をカウントしなくてもよく、飲み忘れが起きにくいのがメリットです。

できるだけ薬を飲む日数を減らしたいという人は21シート、飲み忘れが心配な人は28シートを選ぶと良いでしょう。

おすすめサイト:マーベロン通販
ピルの飲み忘れや副作用、購入方法などピルについての情報を詳しく紹介しているサイト

ピルの飲み方で生理日を調整できる

大事なイベントがあって、どうしても生理日をずらしたいときはありませんか?旅行やスポーツ、結婚式の日に生理が重なると、辛いですよね。ピルを飲めば、生理を1週間ほど遅らせることができます。また、ピルを早めに飲み始めることで、生理を早めることもできます。

ピルで生理日を変えたいときは、まずは婦人科の医師に相談し、ピルを飲む予定を組みます。月経予定の7日前から飲み始めることで、生理日を遅らせることが可能です。

予定がある日までに生理を終わらせるには、前の月経が始まって3日から7日目に飲み始め、5日から10日以上、毎日飲み続けます。生理は、ピルの服用を止めた数日後に始まります。

大事な予定がある日の前に、生理が終わるように調整すると快適です。このような短期的な使い方をするときには、ホルモン量が多い中用量ピルや高用量ピルが使われます。

数か月の間に生理と被りたくない日が複数あるときは、ホルモン量が少ないタイプの低用量ピルを使います。生理の初日から3週間(21日間)、錠剤を飲み続け、1週間休んでからまた3週間飲みます。これによって、長期間にわたって生理日を調整することが可能です。

生理日の調整は低用量ピルでOK

生理を早めるためには、生理が始まってから5日目までにピルを飲み始めて、早めたい日数分の錠剤を毎日飲みます。飲み終えて2日から3日で、いつもより少ない量の生理が来ます。

この方法だと、生理を避けたい日にピルを飲む必要がありません。そのかわり、早めにピルを飲み始める必要があります。ずらしたい生理のひとつ前の生理中に、婦人科を受診しましょう。

この方法は、低用量ピルを使用することも可能です。低用量ピルは、吐き気や頭痛などの症状が出にくいのが特徴です。生理を遅らせたいときは、生理が始まりそうな5日前から飲み始めて、避けたい日まで1日1錠飲みます。

生理は、ピルを飲み終えてから2日から3日で来ます。生理日を変えることができるのは、最長で10日間程度です。日にちを変えたからといっても、その後の生理周期が狂うことはありません。生理は、変更した生理日から1ヵ月後にきちんと始まります。

これ以外にもいろいろな飲み方があり、使う薬剤も体質や条件によって変わります。生理日を変更するためにピルを使う場合、健康保険が適応されず、自費診療になるので注意が必要です。